留学メイン.gif

2006年09月06日

基本情報.gif

国名

中華民国(台湾)

首都

台北

言語

台湾の公用語は北京方言に基づくマンダリン。他にビン南語(台湾語)や客家語などが主要方言として使われている。

パスポート

台湾到着時に6ヶ月以上必要。なお滞在期間30日間(滞在延長不可)まではビザ不要。その際は帰国時の航空(乗船)券もしくは次の目的地への航空(乗船)券及びその有効ビザが必要。ノービザの入国地点は台北中正空港、高雄国際空港、基隆港、花蓮港、台中港及び高雄港に限る。

大使館

台北駐日経済文化代表処(駐日中華民国(台湾)大使に相当)*横浜、大阪、福岡に分処がある。
〒108-0071 東京都港区白金台5-20-2
TEL (03)3280-7800〜1/FAX (03)3280-7923 受付時間:月〜金 9:00〜17:00

通貨

NT$(新台湾ドル)NT$1=3.4円(2005年8月現在)
物価

中国大陸よりは高く、日本よりは安い。特に食べ物や交通は安い。台北の場合タクシー基本料金NT$70、バス1区間NT$15、地下鉄NT$20〜、食事は1品NT$20〜NT$70など。

気候

台湾北部は亜熱帯、南部は熱帯に属する。7月の平均気温は28℃、1月は14℃、5月から9月まで続く夏は暑くて湿度が高く、日中の気温は27℃〜35℃になる。台湾の家庭では冷房はあるが暖房はほとんどない。しかし台北の1月〜2月は最低気温10℃くらいになることもあるので寒さ対策は必要。

日本との時差

−1時間

電話

公衆電話はコイン式とICカード(テレフォンカード)式があるが、現在はほとんどがICカード式になっている。ICカードはNT$100、NT$200、NT$500の3種類でコンビニなどで買える。

インターネット

普及率は高く、インターネットカフェなどで気軽に利用できる。一般家庭への浸透度も高い。

日本からのフライト

台北行きは東京から直行便で約3時間30分。そのほか名古屋・大阪・福岡・那覇から直行便がある。航空会社は日本アジア航空、チャイナエアライン、エバー航空などがあり、東京からはほぼ毎日就航、午前・午後便がある。高雄行きはすべて台北経由で、乗り継ぎの便もある。
posted by taka at 19:40| 基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。